群発頭痛に悩まされる【気になる症状はすぐに病院で治療しよう】

先生

頭痛外来のすすめ

どの種類の頭痛なのか

悩み

頭痛に悩まされたことはあるでしょうか。一言で頭痛と言っても色々な種類、原因があります。まず頭痛には一次性頭痛と二次性頭痛があります。二次性頭痛というのは病気を原因とする頭痛です。代表として脳梗塞やくも膜下出血など、別の病気を原因とする頭痛のことを言います。それに対して一時性頭痛とはそれ自体が疾患となる頭痛のことを言います。主に「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」です。「緊張型頭痛」は身体的ストレスと精神的ストレスを誘因とし、肩や首の凝りをともなうことが多くみられます。同じ姿勢の連続や強い緊張や冷えなどが原因にあげられます。「片頭痛」は血管が拡張し炎症を起こして頭痛を起こします。女性に多い疾患で片側ないしは両側のこめかみあたりがズキズキと痛み、吐き気をともなうこともあります。「群発頭痛」はいまだに原因がわからず、ある一定の期間の同じ時間帯に激しい痛みに襲われる頭痛です。痛みが出てしまったら治まるまで鎮痛剤が効かず、別名「自殺頭痛」とも呼ばれる恐ろしい疾患です。病院において酸素療法を受けるのが有効と言われています。全ての頭痛において原因と治療法がことなるため、適切な診察を受けることが大切です。二次性頭痛においては命の危険もあるため早めに病院へ行きましょう。

診療のむずかしさ

頭痛の診断というものはたいへん難しいものになります。まずは二次性頭痛を疑い診察を受けることが良いでしょうが。そうでない場合の頭痛では特に「群発頭痛」の診察を受けるのは容易ではありません。他の一次性頭痛と違い、発症率が1000人に1人と珍しいことに理由があります。もし飲酒をする方で、毎日就寝後や明け方の一定の時間、激しい頭痛があるという方は群発頭痛の疑いがあります。特に男性に多く、片側の目の奥がドリルでえぐられるような痛みと言われます。群発頭痛だとわからず、何件も病院を渡り歩きやっと群発頭痛と診断された患者もいます。原因が明確ではなく未だ完全に解明されていない病なので仕方がないのかもしれません。しかし毎日痛みが襲ってくるストレスや寝不足などは我慢できるものではないはずです。色々な病院を渡り歩くよりは早めに頭痛外来を選んで診察を受けましょう。頭痛外来は原因不明の頭痛で悩み、最終的に辿り着いたという方が多く信頼をあつめています。頭痛に特化しているので適切な治療がのぞめます。