群発頭痛に悩まされる【気になる症状はすぐに病院で治療しよう】

先生

痛みを我慢しない

すぐに検査をする

悩み

頭痛が発生する要因は多く、それを個人が特定するのは難しいものです。しかし日常生活を送るうえで感じる頭痛というのは、そのどれもが我慢できるほどのものであり、毎日の生活が困るというようなことはありません。ところが、群発頭痛と呼ばれる病気は、痛みの度を超えており、頭が割れそうな痛みに襲われ、吐き気や嘔吐、呼吸困難、めまい、痙攣といった諸症状が出てきます。頭痛から全身症状が出るなんて信じられないかもしれませんが、群発頭痛はそのような可能性があるのです。群発頭痛がどうして発生するのか、その原因やメカニズムは詳しく分かっていないのが現状です。だからこそ油断をしないですぐに病院へ行き検査を受ける必要があります。病院では群発頭痛に関するマニュアルやノウハウが蓄積されているので、どのような治療を進めるべきかということが分かるようになっています。決して慌てずに、激しい頭痛を感じたら、まずは必ず病院へ行くということを心掛けてください。それは普通の頭痛とは大きく違っているからです。

きっと治ると信じる

群発頭痛は、名前の通り同じような時刻に毎日頭痛が起こるという不思議な特徴を持ちます。おそらく自律神経の調子が悪くなっているためだろうと考えられています。群発頭痛が起きる前には、前兆のような現象が起こり、それを知覚する人もいるようです。その前兆が見られたら、数分から数十分後に激しい頭痛に悩まされるのです。ですから、その前兆が見られたら暗い場所に移動して、騒音などをカットし、できるだけ安静になれる姿勢を維持します。群発頭痛はおよそ数分ほどで治まる場合が多く、痛みが治ったら何事もなかったかのように毎日の生活をおくれるという不思議な状態を示す場合もあるほどです。これらを考える上で大切なのは、慣れたからどうにかなるという問題ではないということです。場合によっては自分で歩くことができないというケースもあり得るので、専門的な治療ができる病院へ行くように心がけてください。精神的な面も原因の一つとして考えられているので、「自分はきっと治る」と強く信じるということも大切です。