群発頭痛に悩まされる【気になる症状はすぐに病院で治療しよう】

先生

いつもと違う頭や顔の痛み

先生

もし頭痛が何日も続いたら

群発頭痛とは、何らかの原因で拡張した血管が神経を刺激する事で起こる頭痛であり偏頭痛と共に血管性頭痛の一つです。こめかみ周辺なら目の奥にかけて短時間に刺すような痛みが起こります。痛みは比較的同じ時間帯などに発症することが多く、一度発症すると一日短時間の痛みが1〜2ケ月間ほど続きます。痛み方の特徴に多いのは、目の奥を何かでえぐられる様に痛むと例えられる事です。また発症の際に目の奥の痛みと共に鼻詰まりや鼻水、目の充血を起こすケースが多いのが特徴で三叉神経痛と思い病治療で病院を訪れる方も多いと言われています。群発頭痛と言われる言葉ですが、一部の方には効き慣れない名前かもしれません。最近では病院で通用する言葉となりましたが、数年前では病院で医師に群発頭痛と伝えても理解されないことも実際ありました。また症状を説明してもなかなか理解されず、偏頭痛と診断される事が多かったのも事実です。それは医師の側からすると、明らかに慢性頭痛の一種であり、命には別状ない症状との判断であったと思われます。今では群発頭痛を含め頭痛を専門とする頭痛外来やペインクリニックなどが増え、より専門的な医師による群発頭痛が病院で治療可能となりました。

自覚症状が出たら

まず群発頭痛かもしれないと自覚症状があるならば、早めに頭痛外来を受診して下さい。群発頭痛が認知されて来たとはいえ、正しい診断に辿り着くのに何年もかかったケースが多いとされる病気でもあります。また全ての病院で有効な治療を受けられるレベルには達していませんので、診療してもらえる近くの専門クリニックなどを探しておく必要があります。群発頭痛は数年に渡る様な長い年月の付き合いになる可能性の高い病気です。市販の薬で効果があったと言われることはかなり少ないのが実情で、効果があるのは病院で処方される薬、もしくは皮下注射でなければ効果がありません。群発頭痛で苦しむ多くの方は、発症してもひたすら痛みが引くのを我慢して待っている事と思います。最近では、先の頭痛外来、ペインクリニックに加え整体で群発頭痛に対処する治療もあるようです。群発頭痛が無くならないにしても、痛みを抑える方法や痛む時間を少なくする方法、より薬が効くようになる診療など様々な点から群発頭痛に対処できるようになってきています。

激しい頭痛が起きたとき

先生

群発頭痛は驚異的な痛みが襲う頭痛である。もし覚えがあるのならば直ちに病院に行ってほしい。医者が群発頭痛に効く治療法を伝授してくれるはずだ。私は群発頭痛への理解が広まり、その痛みに覚えがある者が病院に行くことを願っている。

頭痛は何処で診察したら

病院

頭痛外来でより詳しく診断が可能となった現在、群発頭痛で悩まれる方は、是非一度診察を受ける事をお勧めします。群発頭痛は命には別状ないと頭痛と言われていますが、くも膜下や脳梗塞など重篤な病気になる人は頭痛持ちの人の方が多いと言われるデータもありますので早目に病院で診察を受けてみましょう。

痛み軽減や予防治療が可能

悩み

現代医学でも解明できていない群発頭痛は、完治はできませんが発作時の痛み軽減や予防薬はあるため、病院で診断を受けて予防取り組みを行う工夫が有効です。治療法としては発作時はスマトリプタンを用い、酸素吸入治療も人気です。また予防薬では副腎皮質ステロイドホルモンなどを用います。

痛みを我慢しない

悩み

群発頭痛は通常の頭痛とは違い、全身症状を訴えるケースがあるなど、深刻な頭痛として知られています。はっきりとした原因は不明ですが、病院では専門的な治療を行えるので、激しい頭痛に襲われたらすぐに病院へ行きましょう。

頭痛外来のすすめ

悩み

たかが頭痛、されど頭痛です。多くの人が悩み裏には大きな病気が隠されているかもしれません。病院でもらった頭痛の薬も効かない、毎日頭痛で眠れない、そんな方は群発頭痛を疑ってください。そして医師のもと適切な治療を受けて頭痛のない生活を取り戻せるよう頑張りましょう。